上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--
7月24日

久しぶりにアラームが鳴った。
とてもショック・・・。

夫に言ったら「そんな悪そうに見えないのに・・」って。

そうなんだ。
調子良さそうに見えちゃうんだね。

7月26日

再び眠れず、足の浮腫みが半端ない

7月27日

眠れない

7月28日

眠れない

7月29日

眠れない
朝になってから昼までやっと眠れる

7月30日

一睡もできないまま朝。
眠れない。今日は外来。

8月23日

なんだか午後からだるい。
焼きそば作って食べたら気持ちわるくなっちゃった。
朝は調子よかったのに・・。

8月24日

やっぱり本調子にならない。
昨晩は頭が重たくて、変な汗かいてるんだけど
身体は冷えてる。

結局今日もゴロゴロ。

あ~あ、もう何年も遊んでないなぁ。
美味しいもの食べたり、音楽を聴きに行ったり、綺麗なものを見たりしたいな。
そしてもっと仕事やりたい。

8月29日

午後から体調崩す。
結局準備できなくて、レッスンはお休み。

8月31日

おかしい・・
あんなにぐっすり眠れていたのに、
また眠れないよ。。。

9月1日

眠れない・・・

9月2日

昨晩も眠れなかった
やっと朝方5時・・うとうと・・眠りに。

9月6日

今日は息子の誕生日。
18歳か・・。
成人式ももうじきだね。
私は見れるのかな。

大学受験まで、正念場の半年。

きみの先にある未来を目指して
がんばって。

一緒にお祝い出来る春を迎えたいよ。

9月9日

眠れた

9月10日

眠れた

9月12日

弁当作って、朝ごはんを出して、再びベッドへ。

起きたらひどい貧血で動けなかったが、
とにかく準備をしなければ。

とっちらかった家の中をひとつひとつ。

途中で横になり、また片づけるの繰り返しで
3時間かかる。

レッスンは相方の先生にお任せして

私は失礼して2階で休ませてもらった。

夜は久しぶりの激しい息切れと吐き気に加えて
胃の痛み。

悶絶しながらやっと・・朝方眠りにつけた。

9月13日

家の中が病んでいる。

それぞれが自分の事で精いっぱいなのだと思う。

家族に宛てたメールの返信も無い。

誰も、様子をうかがいに来るわけでもなく・・
私、この部屋でひとり息絶えても
誰も気づいてくれないかもね。

そんな気がする。

9月21日

なんと、ぎっくり腰ww
参った(。•́︿•̀。)
これ以上、どうしろと・・・。

10月2日

午前中、動悸が止まらず、
心拍数が100を超えていて
気持ちが悪い。

横になる。

最近増えている・・動悸の頻度。。
大丈夫か?私・・。

10月3日

今日は貧血。
身体全体に血液が回っていない感じ。

ふらふら・・・ハアハア。。しんどい。

10月4日

昨晩は早くに就寝。

しかし、夜中息切れと吐き気で眠れず。
椅子に身を預けて体を起こしながらの体勢。

今日も横になると息切れ。

喘鳴、咳、ピンクの泡。。

心不全悪化に不安募るが、明日は父と甥っ子の誕生日会。

企画してるから、終わるまで病院へは行けない。
行ったら、入院確定・・。

10月5日

お祝いの会

無事終わる。

楽しかった。みんなの笑顔はやっぱり嬉しい。

けれど、さすがに疲れた。

緊張の糸が切れたのか・・・
ただただ、眠る。。。

10月6日

眠る・・眠る。。。

10月8日

なんだかわからないけれど
言いようのない焦燥感。
うつ?
死にたい、死にたい、死にたい・・。
目眩?貧血?

10月9日

昨日に引き続き、目覚めると目眩。
あんなに寝てるのに、寝不足ではないはず。
なのに、なぜ?

貧血がひどいのかな?

起きがけに息切れが始まる。
血痰あり。

でも朝食出さなきゃ。
洗濯機も回さなきゃ・・

まずい・・このままでは壊れる。


このあと、しばらくどこにも記録が無い・・。

覚えていることは、
体調はずっと悪かったということ。
もしかしたら、もう長くは無いんじゃないか・・と
感じるようになったこと・・。

そんなわけで、身の回りを片付け始めた。

いつか、家を開放して文庫をやりたくて、集めてきた
絵本300冊余りを手離す。
雑貨や、手芸用品など、欲しい方に譲って、あとは処分。
料理の本も・・・。

カメラもしまう。

そして、遺書のようなものを書き留め始めていた。



12月16日

もう何日も何日も眠れない日々が続いている。

あくびは出るものの眠れない。
何が夢だったのか、何が現実だったのか・・もうろうとしたまま。

唯一眠れた昼寝も・・
横になると息がきれる。
結局、1時間くらい横になるも、身体を起こさなくてはきつい。

これでは体調維持できるわけが無いよね。
ほんと、ぐっすり眠りたい。
眠りたい。
眠りたい。
ね・む・り・た・い~~~~

12月21日

今日はクリスマス礼拝

だけど行けない。

すっかり教会は遠い場所になってしまった。

礼拝に最後に行ったのはいつだろう。。

明日はリトミッククラスのクリスマス会

これが終わったら、病院へ行こう。

12月22日

クリスマス会を無事終えて、みんなが帰ったあと、

まとめていた荷物を持って病院へ。

入院して体を休めよう。



そして2014年3度目の入院。

また元気になって戻ってこれる、そう思ってた。
スポンサーサイト
6月30日

ピアノクラス最後のレッスンが終わった。

今朝はまだ実感がなかったけれど
子どもたちからの手紙を読んで、
あぁ…終わったんだなぁと。。
めちゃくちゃ淋しい。

だって楽しかったもんね。

好きなことを仕事に出来るというか、
仕事が好きで居られるって、
本当に有難いことなんだなぁ。

これからは、身体に負担をかけないのが私の仕事。
我慢する…ではなくて、楽しめるといいな。

みんなも、新しい教室で音楽をいっぱいいっぱい楽しんでね。
そして…また会いましょう。

リトミックは年度末まで、自宅で継続。
ただし、レッスンは友人先生にお願いすることに。

本当にありがとう。みんなに助けられている。



そして夏が来た

7月11日

高校野球千葉大会  開会式
マリンスタジアムへ。

やっとやっと・・・開会式へ行けた。

IMG_0776.jpg


校旗を持って入場する息子が涙でにじんで、ぼやけてしまう。

最後の夏だね。

神さま、このままでいさせてください。



7月12日

息子の友人のお母さんから、息子のツイッターの投稿を知ることに^^

明日はいよいよ夏初戦!
一年二年の時は病室でしか応援できなかった母さんも三年の今年は球場に来てくれる!
今まで必死に支えてくれた母さんに自分の野球をやる姿を見せたい!
特別な気持ちで臨む今年の夏!人生で最高に熱い夏にしよう!!!



母はこの目で最後まで君の頑張りを見届けるよ(^^)

思いっきり駆け抜けて!

ただただ、願う。

7月13日

初戦突破。
7回9対0のコールド勝ち。

IMG_0969.jpg

たくさんの地元の人達の応援の中、
息子のタイムリースリーベースも見ることが出来て、感激!

夕飯も友だちがちらし寿司を用意してくれていて、
これまた感謝。。

ほんとにほんとにありがとう。
みんなに支えられている。
嬉しい一日。

7月15日

2回戦
残念ながら敗れて敗退・・。

IMG_1089.jpg

息子の涙・・・そして仲間の涙・・・

この夏、野球を通して得たものは計り知れない。


身体が小さかった息子を大きくさせようと

とにかく食事を作った。

高校生になったら、4食分の弁当を持たせた。

おにぎりはマストアイテムである。

一体、君は母さんのおにぎりを幾つ食べたのだろう?

いろんなシーンを懐かしく思い出す。

本当に素敵な経験をありがとう。

IMG_1164.jpg

負けちゃったけど、最高の夏!

この目で、見届けられて、本当によかった。

この手に持てるもの…

またひとつ、こぼれていく。

段々小さくなっていくこの手には

もう、持てないんだって。

もう少し、もう少しと

長い時間をかけてすくってきたけれど…

こぼれないように、こぼれないようにと、

いろんな人が

手を添えてきてくれたけれど…

もう持てないんだって。

いちばん好きなことだったんだけどね。

好きと大切は違うのね。

かみさまは、大切なことを

選びなさいって。

悔しいね。

ほんと…悔しいよ。

もうすぐ、空っぽになる

この手に、次は何が入るのかな。

きっと、また何か、

この手にあった好きなものが入るといいのにな。

きっと見つかるよね。

うん。

今朝は

雲ひとつない空だもの。

ここから、また始めればいい。

         2014年 5月10日
4月21日

娘の反抗期が始まった。

私のアザが増えていく。

中学校・・頑張ろうと心に決めてうまく滑り出したかのように
思えた登校も、徐々にペースダウン。
思うようにならず、言葉にならない想いが娘を打ちのめしているのが
わかって、見てるだけでこちらも辛くなる。
当たりどころのないもやもやの矛先は私へ・・。

貴女がココロ躍らせて笑って過ごせる日はいつ来るんだろう。
私はそれを見届けられるのかな。。


4月23日

ここ数日、胸が締め付けられる感じや、ドキドキが大きくなったり
フラッとしたりする。
家族もそれぞれ気遣ってくれているんだけど
私の心臓にはまだまだ負担が大きいってことなのかな。

もし、万が一の時が来ても
精一杯生きたと言える私でいたい。
そして、その時が来ても
悲しまないで。
お母さんは毎日笑っていた。。
そう思っていてほしい。

4月25日

ふらつきと膨満感と浮腫みがかなり来てる。
リトミック・・大好きなのに身体が思うように動かない。
心臓はどうやったら元気になるんだろう。

4月27日

久しぶりに、息子の練習試合を見に、グランドへ。
夏はもう目の前・・。

今年こそ、応援席に立ちたい。
最後の夏。

4月28日

食欲もないのに、体重がどんどん増えていく。
トイレ1日3回って・・ありえないよね。
まずい。。

4月29日

息切れがひどい
今日は身体を休めよう。

4月30日

昨晩寝る前に、娘ともめる。
そして発作。
結局、病院へそして入院。

どれだけ繰り返せばいいんだろう。
入院・・。
心配させたくなくて、ちょっと入院してくるね・・って
出掛けているけど、
何度も繰り返すこの現実に自分で呆れ果てているってこと
わかってもらえるかな・・。
ほんとは、悔しいの。

いつも周りの人に心配してもらって
本当にありがたいって思う。
神さまからもらったプレゼントだからゆっくり休んでね・・
頑張らなくていいんだからって
言ってもらって、本当に感謝してる。

でも、本当はゆっくりもしたくないし、もっと頑張りたい。
もっと、もっと・・。
でも、動けないんだよね・・。

ほんと、悔しい。

5月8日

今日は先生に言われた。

「仕事やめよう。」

ショックだったけど、何故だか少しだけ肩の荷が下りたような気がした。
無理になってる・・・ってわかっていたこと。
それでも、何か自分に出来ることを手放したくなくて
しがみついてきた仕事。

ピアノもリトミックも私なりに色々勉強して、投資して
やっとここまで来たし、こどもたちの成長が本当に楽しみで
しょうがなかったのに・・。
神さまは、これももう必要ないっておっしゃるんだね。
天国には何も持っていけないから
こういうものなのかもしれないな・・。

先生は、
たぶん、あなたや家族が
思っている以上に病状は悪化しているからね・・。
そう、付け加えられた。

わかっていた。
わかっていたけど、やっぱり泣けて泣けてしょうがなかった。

5月10日

この数日・・看護師さんの顔を見るたびに
涙が止まらなくなる。

この病棟に来て6年め。
全員の看護師さんを私は知っていたし
誰もが私の事を知っていてくれたから
誰もが一緒に心痛めて涙してくれた。

みんなが、時間を見つけては
私の処へ来て一緒に泣いてくれる。

本当にありがとう。
私は皆さんが惜しみなく与えてくれた心の看護を忘れない。
絶対少しでも長く生きるから。



そして、友人がこんなメッセージをFacebookを通して贈ってくれた。



花子とアン、観ていますか?

主題歌の「にじいろ」

歌詞知っていますか?

この歌詞を聞いて、私は入院中の友達が浮かびました。

辛い選択を迫られているあなたの
空に虹色を。

特に、

ひとつひとつがあなたになる、
道は続いている

この歌詞はあなたそのものよ。

太い道が少し細くなっても、
積重ねたひとつひとつがあなた

いつか細い道を広げるときも来ることでしょう。
その時のための、今なのかも。

あなたの周りにはたくさんの優しさが溢れてるでしょ?
それはあなたの優しさが戻ってきているんだと思うよ。
人は、鏡。

私もあなたの鏡です。


本当にありがとう。
私、もっと強くなれるかもしれない。

明日は退院。







いろいろ思い返すと辛くなって、書くことが進まなかったけれど
また回想してみようと思う。。

2月5日

外来
BNP上昇
ひどくなる前に病院へ・・・と先生から念押し。
利尿剤増えたけど、どうだろう。

2月6日

体調不良にて来週まで仕事休止
戻さなきゃ

2月10日

今日は自分のイライラを娘にぶつけてしまった
しんどいのはママだけじゃないよね。
貴女もつらいんだもんね。
ちゃんと受け止めてげなきゃって思いながら
応えてあげられないのが悔しい。

2月12日

CRT-Dアラーム鳴る。
嫌な感じ

2月16日

夕方から再び膨満感
調子良くないな。

夫と息子が灯油を買ってきてくれた
以前は2缶余裕で持って運んでたのに・・
もうね。無理なんだよね

妹がお弁当を買ってきてくれた

ありがとうね。
おしゃべり大好きなのに
ちょっと話しただけで疲れちゃった

2月24日

またアラーム。。

2月25日

昨晩は一睡も出来なくて今日はグロッキー
どうしたものかなぁ。
血圧も低い。90と60

眠剤も効かない
とにかく眠りたい。。

2月26日

昨晩は夜中、体が冷えてしまって
お風呂に入る。

頭まで洗ったら、心臓ちゃんが大変なことに。
寝てても息切れが収まらなくて参る。

朝からレッスン。きつい

2月28日

昨晩は眠れたので
どうにか持ち直した

今日も眠れますように

3月1日

眠ることがどれだけ、私の中で大変なことなのか

夫は残念ながらあまり理解してくれていない

眠れる瞬間を探して入眠剤を飲んでいるんだけどな。。

眠れる・・と思った瞬間、夫が起きた。
時計は1時。
PCのスイッチがウィ~ンと入る。

腹が立ちすぎて、とても悲しくなった。

朝を迎えるまでに、眠りにつけるのだろうか。

3月2日

眠れぬまま朝を迎えて
野球部の卒部式へ。

先輩たちを見送って、この夏を目指す。

部員の前で主将として挨拶をする息子が頼もしく見える。

卒業式の服・・見ながら娘とおしゃべり。
これ着て、卒業証書もらおうね。
胸を張って!

こどもたちの横にいられるシアワセ。
そんな当たり前だけど私には特別な一日。

3月3日

朝方、息切れ、足のムズムズ、身体の傷みがひどくなる。

夜も熟睡できないまま、また朝を迎える

体調不良だけど、今日も用事がつまってる。

3月5日

外来日
そしてそのまま入院。
利尿剤投与

3月10日

病院でもやっぱり眠れない
足がムズムズする。

夜中にストレッチ。心電図モニターでばれてるんだろうな。

昼間は、生徒さんが病院へ。
休んでばかりで申し訳なくて、ソルフェージュのレッスン。

3月11日

新しい眠剤で眠りもまずまず。
甲状腺ホルモン剤を飲むことになってちょっとテンション下がる
何か他の病気も始まっちゃったらいやだなあ。

3月12日

昨晩は一睡も出来ず、朝も食欲なし。
熱っぽいし、眠い脳と眠れない身体が分離しているみたいで
気持ちが悪い。
午前中うつらうつら・・少し持ち直す。
肝臓の数値が悪い

3月13日

昨晩は少しうとうと・・でも完璧な睡眠不足。
朝方になって・・気を失ってるかのような爆睡っぷりだったそう。
新しい薬・・効いてるのかな?

3月15日

余りの不調に見かねて、仲の良い看護師さんが
夜寝る前に足浴と湯たんぽを用意してくれた。
本当にありがとう。
いつものことだけど
心がこもった看護に感謝です。

3月16日

夫がタオルの替えを届けてくれる。
突然ではないが、仕事も子どもたちの事も・・と
あれこれ、一気に負わなければならなくなって
きっと負担に思っているのだろう。
どうしても、気持ちのすれ違いを感じてしまう。
彼が大変なのもわかるけれど、今の私には
申し訳ないけれど、出来ることが限られている。
だから支えてほしい。
そしてひとつずつ機能が衰えていく臓器への
この恐怖をわかってほしい。。。

3月18日

娘の小学校の卒業式当日の朝に退院。

なかなか学校へ行けない日が多かったが
午後、校長室へ出向いて
卒業証書をいただく。

この日を一緒に迎えられて本当によかった。
まだここは通過点だけれど
貴女はきっと、がんばれる。
こうして自分で区切りをつけられるのだから。

いよいよ中学生だね。











WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。